TEL 042-359-4368​

Synapsecascade

​Uber Eats 厳選バッジステータスのノウハウを公開しています。

 
 

S

SERVICES

日本を代表するUber Eats厳選バッジホルダーが全世界のレストランを支援

 

その活動は世界レベルで、各国のレストランオーナーが成功しています。

 

 

 

 

 

当社の取り扱っているサポート国は、アイルランド、アメリカ合衆国、アルゼンチン、イギリス、イタリア、エクアドル、エルサルバドル、オーストラリア、オランダ、カナダ、グアテマラ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、スイス、スウェーデン、スペイン、スリランカ、チリ、ドミニカ共和国、ニュージーランド、パナマ、ブラジル、フランス、ベネズエラ、ベルギー、ポーランド、ボリビア、ポルトガル、メキシコ、レユニオン、香港、台湾(中華民国)、南アフリカ共和国そして日本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言語と通貨を越えた取り組みを実施しています。

 

新型コロナウィルスの地球侵攻で私達の世界は大きく変わりました。

 世界中の飲食店は大きな影響を受けました。感染地域ではロックダウンを余儀なくされ、経済は停止しました。しかし、私達は負けてられません。COVID-19と共生する新時代を生き抜く為に進化が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい時代の到来で、飲食店も変わる時代に突入しました。そうCOVID-19は飲食店に進化をもたらせたと言えるのです。

なにしろ、代金を支払う側のお客様が食を楽しむスタイルが変わりました。お店へ赴くスタイルから自宅でも並行して楽しむスタイルに移行したのです。自宅で楽しめるようになったのは配達の進化があります。デリバリー業務が新型コロナウィルスの感染予防対策で確固たる地位を築いたのです。美味しい料理を指定場所に運ぶという行為は社会で、まさに不可欠のインフラとなりました。

 

 

インフラの仕掛け人はUberです。テクノロジーで新たな食の楽しみ方を提案するフードデリバリーサービスを提供する会社がUberEatsです。UberEatsは人気レストランの美味しい料理を、ご指定の場所と時間へお届けするサービスです。

これまで飲食店の配達は従業員による仕事でした。受注から提供まで物理的制約の壁があり、きわめて小さな範囲での労働集約型でした。しかし、UberEatsの出現で一変しました。配達人を商圏内において無数に待機させ、注文と配送をAIが制御するテクノロジ-を実施したのです。飲食店は配達の物理的限界の壁を消滅する事が出来ました。消滅こそが進化の証です。

 

 

よって配達業務の物理的制約から解放された飲食店は、商圏内の全住民へ複数の注文を受け付け、時間内に配達する事が可能になりました。

 

 

時代が進化したのです。【お客様が望む食べ物を望む時間に、確実に得ることができるようになった時代】という未来が到来したのです。次の進化は配達行為が人からドローンに変革する200年後です。ドローンが反場重力の初期型エンジンを搭載可能になれば、安全に飛行が出来ます。いわゆるUFOのミニチュア版でもあります。現代文明のドローンでは気候の影響を受ける飛行原理で飛んでいます。これでは落下の恐れが拭えず、損害賠償訴訟が多発し都市部での実用化は空想レベルとなります。量子科学が進化し、人類の大脳レベルで反場重力が解明されるまで、最速でも200年はかかると私は考えています。

反場重力=物質・物体に加わる重力を無効にしたり、調節したりする、とされる技術。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに300年後は、労働型アンドロイドが肉体労働の大部分をまかないます。料理材料の生産から配送、そして料理をしてドローンに乗り込み、人間へ運ぶ事になるでしょう。ここまでAIが進化すると、脳インプラントを応用して人間精神世界へのAI侵入があるかもしれません。また、既に人類は労働から解放され、脳をコンピューターへ接続したインプラントに成功するでしょう。

 

接続されたゲーム空間の中では人間らしく生活している人類の姿は悲しくも有ります。食事といえば咀嚼をせず流動食を飲み込むだけで味覚中枢を刺激して、満足を楽しむ時代となっている事でしょう。飲食店も味覚中枢を操作するアプリが高値で売買されます。その頃のUberEatsという会社は脳インプラントとアンドロイドの接続と管理をする会社となって人類の脳へ楽しみを与えてくれる会社になっているかもしれません。

 

※1,500年後には、流動食は量子サイズに分解され、消化器官へ電子転送できる文明になっています。人間に食を運ぶビジネスは、この時点で消滅することでしょう。物質のテレポテーション技術です。さらに2,500年後は人間細胞が光合成する技術を得てます。遺伝子への介入を成功させるからです。食料を摂取する必要が消滅し、人の消化器官へ転送するビジネスは、この時点で消滅することでしょう。また地球環境はこれをもって先祖返りする事でしょう。

この時点から2,500年を4セットこなした1万年後、人類は宇宙人と同じように眼球だけ残った形態に進化していると思います。ただ、それでも、その時代の宇宙人に対しては、この程度の地球文明程度では、まったくもって敵わないでしょう。

※ムーアの法則から数理的に科学技術レベルを考察しました。また隕石衝突が無い場合を想定しています。

とにかく私達、飲食店も新たな未来の到来で、進化をする時がやってきたのです。

 

私達の寿命の中で、デリバリーの物理制約が消滅した事象が進化の最前線です。この進化をおおいに謳歌しましょう!

 

 

当社は飲食店の進化をサポートする世界で唯一の会社です。全世界の飲食店を同時並行で進化させるノウハウを具備しています。それは、UberEatsでさえ持ち得ないノウハウです。

 

 

ノウハウとは初回客を常連化させる脳の神経細胞を構築するバイオ攻略です。

大脳(歯状回、扁桃体、側坐核)で不忘却記憶(ミエリン鞘)としてとレストラン情報を脳神経細胞化します。食欲中枢と心理動機を操り、お客様の脳神経細胞により常連化させるノウハウです。これは、値下げ、キャンペーン、クーポンといった値下げの金で客を釣る行為ではありません。

 

当社のノウハウは、脳内で食事の動機の発生をコントロール(表示意思の形成)し、注文(意思表示)させ、決済(法律行為)をさせる飲食店での法律行為を有効に完了させるノウハウです。

成功のキーはいかに不忘却な情報(店情報)を脳にバイオインストールするかです。

 

 

 

不忘却情報が心の動機を形成する材料になります。私が発見したのは、このバイオインストールする機能がUberEatsにあったのです!

 

さらに自らの店舗で検証し結果を得られ、利益を得る事の出来る、実務ノウハウとなりました。

 

 

飲食店の究極の経済目標とは、常連客の恒常利用です。究極を極大化実現するには、大脳へのアプローチしかありません。なぜならば、大脳が心へ干渉し、感情から“動機”を作るからです。“動機”こそが利益の源泉の形です。あやゆる世界中のビジネスも、そして犯罪すらも、“動機”があって機能します。“動機”を脳に創れるノウハウがあれば、あなたの子孫は500年後の流動食時代も、UberEatsを使ってビジネスが出来る事でしょう。

 

このノウハウは言語や地域が変わっても地球人の脳の構造は同一なので、普遍性があります。例えば言語が違う音楽でも人々が感動する普遍性と同じ理屈です。地球人は同じ脳器官を有しているのです。食欲動機も注文行動も同じなのです。

 

 

当社は進化をする飲食店へ向けて、世界中のレストランへ進化体制のノウハウを提供しています。言語や通貨を越え、世界中のレストランオーナーへノウハウを伝えています。それぞれの国の都市地域で継続した売り上げを毎月計上する最強の飲食店へ進化させています。最強とは、新規客をオートメーションで常連化させた恒常利用を意味します。このオートメーションを担うのがUberEatsのシステムなのです。

会社概要

  社名/シナプスカスケード合名会社

  代表/細川 恭子

  住所/東京都国分寺市日吉町3-2-6

  電話/042-359-4368

■事業内容 

Kindle本 電子書籍 | Amazon | アマゾンで書籍販売中!細川特久著 UberEats厳選バッジステータスノウハウ

■沿革  

2014年 

国分寺市日吉町で 警視庁職員向けの鮪専門の弁当屋Bentoya donburimaruを開業

     

2018年 

海外向け事業開始

米国レストランへデリバリー事業の支援

2019年

UberEtas多摩地区事業開始により登録

2020年

デリバリーノウハウの書籍出版

 米国他世界都市で愛読される

UberEtas厳選バッジ取得

 

■ 取引先

 

警視庁:機動隊/警察署/警察学校

法務省:府中刑務所/


   

 

    

世界34か国、450都市の飲食店経営者にノウハウを教える男

Uber Eats 厳選バッジホルダー 細川特久

量子物理学の研究所のエンジニアから、鮪漁船の卸会社で鮪職人に転身した珍しい経歴を持つ。

 

 

 

鮪知識を活かした鮪専門の弁当屋を2014年に開業し、警視庁職員専門のデリバリー部門を構築する。

 

 

 

 

 

 

UberEatsレストラン経営での体験をノウハウ化した書籍[コロナの時代の飲食店進化論English edition]を米国全土で発売。

 

米国版の以降は、多て続けに世界の各都市で書籍が販売される。

その結果、世界中のレストランオーナーからThe great teacher Hosokawaと称されている。

 

現在、大脳と食をテーマにし、UberEatsテクノロジーと融合する事で、新型コロナで苦境にあえぐ飲食店を見事に蘇生させ、デリバリー部門を成功に導いている。

『包丁も握れない、米も研げない者が飲食店をコンサルするのは、医師免許の無い者が医者に手術を教えるようなことである。だから俺は現場に立ち続ける!』が信条。

飲食店の苦しみを知る人、だから発する言葉が、腹に落ちる、心に響く。と経営者は口を揃えて感想を語る。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

世界中に本を出版した理由 そしてあなたへ

こんにちは、細川です。皆さんもご承知の通り、新型コロナの影響で私達飲食店業界は根底から揺さぶられました。

閉店、廃業、休止、をいつも考え、もう明日の仕入れの金も無い状態まで追い込まれています。酒もまずく感じ、体は朝の3時から目が冴え、夜明け前の漆黒の闇の中で絶望に押されるベットで身動きが取れない日々を送っています。

私にはあなたの隠れた苦悩を体と心で解っています。なぜなら、私も同じ経営者で体験済だからです。

誰にも打ち明けられない、秘密の苦悩。それ、私には解るんです。あなたは口が固く、絶対にギブアップを口にしない性格のはず。読めます。 

 

なぜなら、あなたは、まさに、生きている!のだ。まだまだ、腐っていない。だからイケるぞ。その証拠を出しましょう。それは、このサイトにたどり着き、ここまで読み込んでいる事が証拠です。時空を超えて、今のあなた時間で、私と出会っているなら、あなたは遭難から救出するこが出来そうだ。うん。まだ、あなたはまだイカれてないから大丈夫でしょう。逆境にいらっしゃるあなたなら、イケるはず、進化できます。その理由は逆境があるからです。

ウィルスの時代、それを逆境を定義するなら、チャンスと捉えるべきです。経営は苦しくても、店舗解約すら出来ない状態ですよ、今は。(スケルトンにするにも金はかかる!)

それに廃業して寝込むわけには行きませんよね。なにしろ廃業しても再就職はムリじゃないですか、私ら・・・・。キャラ的にも年齢的にも・・・・

この逆境でも這い上がるのは、急降下するエスカレターを逆走して走り抜けるような感覚です。止まっていたらたちまち下がってしまいます。だからだから、諦めて、もう人知れず泣きながら、鬼の形相となって這い上がるしかないのです。

ところが、気持ちはあっても、どう頑張ったらいいのか?今は、“それ”が見えないのです。経営者は遭難している状態です。日本だけじゃありません。もっぱら世界中のレストラン経営者は皆が遭難しています。

そこで私は“それ”を記しました。頑張る方法です。遭難から脱する手引書です。この方法を記した本をしっかり解読し、頑張れば生き残れるのです。“それ”には飲食店での経営者の進化の仕方を手引きしました。実は時代はいきなり未来がしてしまったのです。“それ”には未来での飲食店の生き残り方が記載されています。

世界各国のレストランオーナーから『生き返った』と感謝の連絡が入るようになりました。

“それ”を読解し自分なりに頑張った結果です。

私は飲食店の進化を遂げようと、心の中で、ほんのちょっとだけ1ミリだけマジになった、あなたを全力で応援するつもりだ。

1ミリあれば、充分。

人間は1ミリの希望で核融合並の量子エネルギーを生体合成できる生き物だから。そんだけあれば、当面やってゆけるでしょう。

                      細川特久 

ABOUT ME

A

東京都国分寺市日吉町3-2-6 スカイハイツ日吉1階 042-359-4368

 

 
 
顧客の脳神経細胞を造る技術を提供
それはUberEatsで造る
目指すは、常連の恒常利用
疫病下でも収益安定化

i

Kindle本 電子書籍 | Amazon | でノウハウを学べます

01

世界中で販売中、全世界の飲食店経営者が厳選バッジノウハウを実行中!

02

販売都市

03

 

C

CONTACT ME

I improve the business results of your company.
Please contact me.

042-359-4368

 

UberEatsの厳選バッジ取得でレストランの地域戦略を提供する/   シナプスカスケード合名会社

©/2022/Synaptic cascade