寿司作りで脳を活性化状態にする環境を提供/   シナプスカスケード合名会社

©/2022/Synaptic cascade

太古の昔、私達の祖先の社会で最も影響力があったのは絵を描ける才能を持つ者だったと言われています。洞窟の壁画や、地上絵や裸族ペインティングのセンスを指します。絵は意味を成し伝達する情報の意味量子を帯びていました。意味量子を操れる絵を描ける才能は神から与えられた能力として、周囲から尊敬されていた事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物質は量子の集積体です。当社は意味や情報にも量子があると定義しています。意味を成す情報の量子が人の脳神経細胞に関与し心を作るという理論です。それが情報量子論です。この情報量子論を経済活動の一部として提唱するのがシナプスカスケード研究員の細川主席研究員です。

 

下記出典:文部科学省 量子ビームより引用
量子とは、粒子と波の性質をあわせ持った、とても小さな物質やエネルギーの単位のことです。物質を形作っている原子そのものや、原子を形作っているさらに小さな電子・中性子・陽子といったものが代表選手です。光を粒子としてみたときの光子やニュートリノやクォーク、ミュオンなどといった素粒子も量子に含まれます。量子の世界は、原子や分子といったナノサイズ(1メートルの10億分の1)あるいはそれよりも小さな世界です。このような極めて小さな世界では、私たちの身の回りにある物理法則(ニュートン力学や電磁気学)は通用せず、「量子力学」というとても不思議な法則に従っています。

 

量子力学から思考を定義すると、何かしらの影響があって物事の思考が生じます。この力を、これを情報量子と定義しています。情報を司り構成する量子は、心の動機を造る脳神経細胞を促進し人間個体の経済活動へ影響を及ぼすというのが、シナプスカスケードの情報量子論です。

シナプスカスケードの情報量子論とは