寿司作りで脳を活性化状態にする環境を提供/   シナプスカスケード合名会社

©/2022/Synaptic cascade

​法律行為と脳と意思

テキスト

現在ではビジネスで成功した者が、社会で安定した影響力を持ちます。ビジネスで成功し収益を恒常的に上昇させ組織を巨大化した背景には商品力や先進的アイデアに立脚されるのは言うまでもありません。多くの収益を得た過程を別の角度から見ますと、多くの契約行為の積み重ねで収益は形成されています。契約行為(約束)で現代人は経済を発展させてきました。日本では法律上特に規定されている契約だけでも13種もあり、売買契約、請負契約など生活に重要な契約も典型契約です。また私的自治(契約自由の原則)から公序良俗に反しない限り、日本はどんな契約をしても許され国家機関(裁判所/警察)でも介入できません。このように、数々の契約行為が日々行われ、経済活動が秒速で進んでいるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民法は私達の身近な法律です。契約という双方の意思が重なり合意に達するには書面より、意思表示という言葉の伝達が不可欠要素になります。意思表示は、一定の法律効果の発生を欲する意思を外部に表示する行為です。「わかりました売りましょう」「わかりました買いましょう」で成立します。この契約行為を定めた民法では、どのようなプロセスをたどって形成されるのか定められています。


意思表示は、動機→【効果意思→表示意思→表示行為】というように、

4つの要素が段階的に成立する過程を経て形成されてゆきます。(ただし、動機は意思表示の要素とはされてません)
表示行為という己の意思を外界に表出されるまでは、契約はどこにあるのでしょうか?それは、胸の内、心の中、思考の中、脳の中、に住んでいるはずです。例えば若者がベンツを欲しいと言う場合で考えてみましょう。
動機=ベンツに乗れば女性からモテる! 効果意思=よしベンツを買おう! 表示意思=ベンツならこのS600マイバッハだ。表示行為=「すいません、このベンツ下さい」高い買い物のベンツなら、動機発生から幾多の歳月を経て表示行為によって外界に現れます。民法は、意思の状態と行為の状態で問題が多くある事を想定しています。そこで意思の欠缺や、瑕疵ある意思の生成について救済する優しさを私達の生活に内在してくれています。

 

 

 

です。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

契約と脳神経細胞の相互関係

私達の経済活動は、契約で立脚されています。民法では意思の生成の端緒は動機だと解されています。

動機が最初に無ければ、意思表示は生成されないという法律の考え方は、ビジネスを考えるうえで非常に重要になります。企業がテレビCMをはじめユーチューブやSNSなどに広告を幾重にもめぐらす目的は、自社の製品を告知し、なんとか終局的な購入を目指し競い合っています。つまり市場の顧客が自社製品の存在を知っていなければ、購入には至りません。存在を知らしめる事は、企業活動で最上位に位置付けられる重要な要素です。これら熾烈なマーケティングの果てに、契約行為が存在します。ただネット注文のような定額で消費財なら価格だけで判断され、契約に向けた人的な営業活動は介在しない時代になりました。

 

 

ここで論じる契約行為は人が介在しなければならない場合を想定しています。説明商品、説明製品、説明サービスの場合です。しっかりと価値や利用方法を説明し、いかに問題を解決するにふさわしいかを理解させたうえで、購入するかどうかを最終判断するような場合を想定しています。あるいはまた、顧客の動機すら生まれていない場合です。つまり提供する商品を知らない場合も含め、それらの契約行為について論じています。

 

 

法律では、買うのか、買わないのか、胸の内、心の中、脳の中、目に見えない世界で意思が生成される過程を細かく想定しています。動機→【効果意思→表示意思→表示行為】です。動機が産まれ、生まれた動機は意思となって、現実化する意欲を内面で燃やします。表示行為とは相手に伝達する行為です。これが法律が想定している契約前、人の心の移り変わりです。

この法律ですら想定している顧客の心とは、いったい、どんな世界なのでしょうか?

 

医学的に分析しますと、それは高次視聴覚野で映像化されるイメージです。高次視聴覚とは、瞳孔から入った外界情報ではなく自分の想像で情景を見る機能です。脳内であたかもその場で見ているようなイメージ。これは脳のお得意の機能です。また、すこしスピリチュアル的に分析すれば、潜在意識が未来時間空間の亜空間で現実化する前の世界を見聞した情景です。人間は問題解決へ向けた意思を法的な生成へと昇華(表示行為)させる場合、イメージが不可欠です。イメージが脳内又は魂の映写室で克明に見えて認識していなければなりません。そしてイメージを高次視聴覚野に投影する時、人は脳神経細胞に埋蔵所有する記憶を即座に集め映像化させます。数々の想像や空想をする時も、埋蔵している記憶が無ければ映像として認識できません。

 

 

よって人は認識していない事は想像すらできないのです。こうした脳の高次視聴覚機能があってこそ、意思が成立して行きます。そしてこの内面の意思をスムーズに表示行為まで法的昇華させることが、ビジネスの成功と位置付けられます。ただ、残念ながら契約のほとんどが不成立になるのがどんな業界でも、お決まりのことです。例えば成約率が30%と驚異の値でも、その裏では実に70%もの顧客に断られています。内面の意思の移行をスムーズにさせるには、やはり物理的ななんらかの力がなければ、何か月も何年も心の意思の過程の中で眠ったままになってしまいます。なんらかの力とは、これこそが量子です。情報を内在する量子、情報量子です。情報量子は脳内の電気的信号に関与します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

量子が動機の産みの母といえます。意思を産む「何か」とは動機であり、その動機とは情報量子から産まれます。意思を首尾よく工程移行させ力は、情報量子の量によって変化します。情報量子と動機は整合しているからです。ここで法律に戻りましょう。民法では動機は意思表示の要素に含めない考えです。しかし、民法は動機が無ければ意思は産まれないと想定しています。それだけに、動機は法律行為のビッグバンとも言えるコア形成を成しています。動機が生まれる瞬間とは、無から有へと思考が脳内に産まれる瞬間です。エネルギーが集積し無の状態からビッグバンが起こり宇宙が生誕したように、心の領域に動機が産まれるとは、まさに情報量子の運動そのものです。情報量子の集積から動機発生と意思の工程を経て、相手と何らかの法律行為を済ませ、終局的に動機を満足させる事象がこの世に生まれるのです。その期間は食欲を満たすが為の数分で実現化する場合から夢の実現まで数十年かかる場合まで様々です。動機の充足の境遇地が各人の目標となりえ、人は辛い事も耐えられる土壌が涵養され、人生を成功まで背中を押し続けてくれます。情報量子は人の発展に寄与するエネルギーとも言えます。

契約意思表示と脳神経細胞軸索化(ミエリン化)の製造

ビジネスで成功させるには契約行為の山を物理的に築くことです。その為の意思の生成とプロセス移行は、相手の脳内で行われていています。従って、意思表示をする脳のプロセスを扱う事に慣れれば、相手から意思を気持ちよく表示行為をさせる事が可能になります。意思のプロセスを扱うには、途中の意思移行工程に影響を及ぼすより、最初の源泉である動機への関与が不可欠です。意思の源泉である動機の生誕をこちら側の取り計らいで計画し意図的に構築するのです。顧客に対し、こちら側が情報量子を利用し動機を急造するのです。その急造場所は脳の内部にです。ビジネスでは短期間かつ短時間に動機を急造させなければ、契約書を量産することはできません。相手の脳に動機を構成する材料(記憶片)を情報量子として運搬するのです。記憶片の情報は商品や製品やサービスの情報です。あなたが提案したい、顧客の問題点を解決するプランです。そのプランの情報を相手の脳内部に構築するのです。構築する材料は記憶片を使って情報量子の働きを借りて神経細胞を作るのです。いわば脳神経細胞の記憶結合集積体です。

 


物理的な神経細胞を集め軸索される太い神経細胞が構築できれば、強固な提供プランの記憶群が相手の脳内に出来上がります。提案内容が記憶された神経細胞になると、非常に短期間で、かつ、簡単に、意思の表示行為(顧客「契約します」)を受け取る事が可能になります。情報量子で誕生する動機は、人を動かし、経済社会を動かす機動力の大本だと言えます。相手の情報量子は、表出すると紙に変わり(契約書)になり、紙から紙幣(対価)に変わり、あなたの財布(懐)に情報量子が転がって入ってきます。その結果、あなたには様々な欲(動機)が情報量子から産まれ、多くの人々と契約し代金を支払い消費してゆくのです。動機と消費を行き交うのが情報量子です。つまり動機こそは、世界経済の中で活動する情報量子といえる存在であると考えられます。

 

 

 

 

すると、量子力学から見ますと、この動機という量子をコントロールできれば、経済活動では物理的結果(契約書)をコントロールする事になります。当社シナプスカスケードは、この動機を量子として誕生させるノウハウを発見した会社です。動機の元の情報量子は、エネルギーとして相手の脳内にある脳神経細胞を軸索化(ミエリン化)する、量子の持つ力だと考えております。軸索化とは細い神経細胞が活動するたびに、だんだんと太くなるようなイメージです。それを思い浮かべてみてください。神経細胞を軸索化させたら何がいい事なのか、それは軸索化すると記憶や思考が超短時間で行き来する高速道路となるからです。これこそがイメージする時の記憶の高速道路になるのです。映画でいえば、フィルムです。軸索化すると連綿と続く長いフィルムのようにな働き方をします。フィルムに光を通せば映像が見れます。

 

 

これを人の脳内で説明すると、高次視聴覚野と呼ばれる部位が担当します。フィルムを作る構成物が鮮明で強固なものであれば、映像は美しく見えることでしょう。このフィルムを作るのが記憶片です。断片的な記憶の片を、脳内の神経細胞ネットワークが宇宙的な速さで探し当て、つなげてゆく仕事をします。ただし、記憶片となっていなければ、探し出す事も出来ないのです。それだけに量子を集め情報の片(かけら)を相手の脳内に保持させることはビジネスでは絶対条件となります。集まらないと高次視聴覚野で上映できません。これでは脳内に動機をこしらえる物語が産まれません。動機の元の構成体が情報量子、つまり情報の片(かけら)というわけです。

では動機を産む上映会で誰がそれを見ているのでしょうか?それこそが本人の個性です。別の言い方をすれば魂、また別の言い方をすれば、自我です。無意識ではなく顕在化している意識が上映会に参加するのです。この自分自身の覚醒された意識が、映像化する情報を肯定的に受け、楽しい気持ち、明るい気持ち、晴れやかな心躍る気持ち、惹かれる気持ちに、熱量が上がるように自我に影響する時、意思が誕生します。

顕在意識が、明確に肯定した情景、境遇、境涯。その到達した世界に、自らが行きたい、欲しい、手に入れたい、必要だ、そう動的な感情が輝くとき、ビジネスの量子は脳神経細胞のシナプスを結合せしめ、新しい結びつきをさせます。この量子が働くおかげでスムーズに動機から意思へと繋がります。その結果、動機が思考に関与し、思考は意思を放ち、意思は表示意思へと慎重に思料を開始します。これまでの人生の経験、先祖から遺伝子に残された経験、無意識世界との繋がり、こういった己の精神世界の自己審査をへて、意思はプロセスを歩みます。全ての思考プロセス、意思プロセスを起動させるには、情報量子から派生するエネルギーで作られた動機の出現が絶対条件になります。

 

 

 

当社シナプスカスケードは、情報量子を空間から抽出する方法、この情報量子を相手の脳内に送信して動機を脳神経細胞単位で作る方法を教えている会社です。相手の眼球から情報片を脳の歯状回に送る特別な方法です。送り方の設計図を製図します。送信するには情報を一度、紙の上に記述する必要があります。そこから、情報量子を凝縮させ、眼球から歯状回に送信する製図を企画しています。この製図によって、誰もが情報量子を扱い、凝縮した情報量子を扱いこなせるのです。

 

量子力学の観点から、脳と法律を結び、それらを製図する手法をあなたが興味をもったなら、私の抱く情報量子が時空を超えあなたの脳内に到達したと言えます。