UberEats厳選とは、優れた仕事姿勢を証明するものです。その証は地域商圏内で知らしめられるべき

事実です。

UberEatsの厳選バッジとは

 商圏地域内でTop Eatsという資格をUberがレストランに与え信用を担保する制度

過去の配達実績をAIに分析され、一定の厳しい目標値をクリアした店舗のみに資格を付与する制度です。その証明力は取引の極めて重要な信用担保となり、顧客からの注文率はなんと5%以上も上昇します。 

Uber Eats厳選バッジの目的

加盟増加するレストラン群の中から、真の選ばれしレストランをUberEatsがユーザーへ提供することです。※これはレストランの為にある制度ではなく、ユーザーの為にある制度(厳選バッジ証明)です。

Top Eatsを獲得する唯一の方法は、優れたオペレーションと調理提供を行うことです。

この資格は、有料広告のように金銭で得られるものではありません。日々の取引実績をAIが営業時間内に秒単位で随時判定しデータ化するという、著しく厳しいものです。これまでの従前の店舗査定や店舗評価制度は判定係員や外部委託者が視察し、その時点での総点を確定していました。これは店舗の一時的で断片形態しか視察できず、日々の変化を総じて視察することは出来ませんでした。しかし、人手から離れ、AIが取引データから判定するシステムになると、客を替え玉にした誤魔化しや得点稼ぎという、よくある店舗側の“イイ子ちゃんのフリ作戦”という取り繕いは不可能となります。それゆえ、非常に、(非情に)厳しいと言わざるを得ません。反面、その厳しさこそをユーザーは待っていたのです。

ユーザーは真実の情報が欲しい!

人が視察し判定する工程に私情が入り込まない点や、店側の演技や取り繕いが効かないという側面は、ユーザーにとっては極めて重要な信用のベンチマークとなります。UberEatsのエリア拡大や新型コロナの対策で、多くの飲食店がデリバリーへ転向しています。全ての店がユーザーの期待を裏切らないクオリティという状態は望ましい姿です。しかし、店舗の内部問題や衛生環境や経営姿勢から、かなり低いレベルの店も多く含まれています。むしろ低いレベルのレストランが一定数あると言った方がしっくりくるとユーザーは思っています。そこでユーザーは、「本当に優良な店はちゃんと表記してほしい」と望み、「何か信用に値する証明を発行して欲しい」と要望する声が多数あがりました。

母集団からのデータはまぎれもない高純度データ

ユーザーの満足を充足させるため、Uberが店舗の信用を担保するからには、その目標指標は高度な値となりました。検証データの情報抽出は主にユーザーからの評価です。利用者からの評価は店が恣意的にどうこうできる値ではありません。また客を装い集団で偽造することも出来ません。それゆえ純度の高いデータを参考にAIが随時検証し判定しています。日々残る簿記のように、日々のデータから演繹的な数理で値を導き、独自の公理としているのです。つまり簿記とは過去データの蓄積でありますが、UberEats厳選バッジも過去データ蓄積の証なので偽装はできないのです。

AIが判定している趣旨は2点あります。

1.経営者は勤勉な職務態度であるか?

2.提供する料理の味は本当にうまいのか?

AIはなんといっても働く店の人の資質を問うています。これは飲食店経営における革新的な出来事です。なにしろレストランの労働者全体から醸し出される店舗風土を見える化できるのです。風土とは、その会社や組織の何年も変わらない独自の常識感覚です。風土の悪い会社がブラック企業と呼ばれ、風土の良い会社はホワイト企業と呼ばれます。

風土はオーダーミスやクレームの状態から判定できます。つまり店舗オペレーションの成熟度を検証されるのです。加えてオンライン時間の管理まで分単位で厳格に検証れています。特に、いいかげんな行為が許されるだらしない風土の店舗や、クレームを改善せず雑なことが許される風土の店舗、適当な仕事しかしない風土の店舗、こうした労働者の意識や、労働者の風土は、数値化すると直ちに化けの皮がはがれます。それをAIはデータから読み取って担保に値するか判定します。

次に提供する料理の判定をユーザーに付託させ、フィードバックされる係数から満足度を問うています。ユーザーは食後、かなり真剣にフィードバックをしています。その値から顧客の満足度を判定します。ただ、AIは消化器官がありません。その為、料理の質を味覚の無いAIが人間の食事体験の主観から判定してゆきます

 

判定日は毎月1日。

厳選バッジの確定は1か月に1度、当月1日の数値状態で判定されます。この1日とは、例えば=2020年9月1日の1日いう意味です。つまり先月末で締めた数値の結果を鑑みて、各種目標の値が100%クリアできているかをAIが判定します。1%で未達や、目標クリアが1個でも欠けたらバッジ獲得は出来ません。

UberEats厳選とは、優れた仕事姿勢を証明するものです。その証は地域商圏内で知らしめられるべき

事実です。

 

UberEatsの厳選バッジ取得でレストランの地域戦略を提供する/   シナプスカスケード合名会社

©/2022/Synaptic cascade