UberAIがあなたのレストランの風土を検証する!

UberEats厳選バッジの検証項目は5部門です。

オンライン率 不成立率 不正確率 評価値 注文数

オンライン率とは
設定した営業時間内に正確にアプリがオンラインされていたかを検証するのがオンライン率です。いいかげんな事が当たり前に許される風土の店では、この値が著しく低下します。それゆえ、85%以上でクリアとなります。バイト任せで細かくチェックもしない放任レストランオーナーは直ちに炙りだされます。そのような店はユーザーも利用したくありません。

不成立となった注文とは
オンライン中に注文が入っても受付を怠った値です。その値が1%未満なら値クリアです。これはウーバー配送事業への忠誠心が薄かったり、仕事意欲が欠落していたり、人の資質に関わる問題が見える化できます。またユーザーにとっては注文をしても、注文受託の返事もしない店となり、店への怒りや理不尽さといったストレスを全てユーザーが受ける事となります。またレストラン側に悪意がなくても、店内が忙しく注文チェイムを気が付かなかった場合もAIは容赦なく減点します。つまり、UberEatsアプリシステムへの愛情が薄いとみなされ、それは同時にユーザーに対しての愛情も同様に薄いはずだと、AIは評価します。尚、配達事業の意欲が欠落した店は、この値を改善できません。

不正確な注文とは
オーダーミスによる報告によって返金した場合や、商品エラーが店舗側の過失による場合、これらの数を検証されます。厳選バッジでは1%未満でクリアとなります。「日々積み重ねる注文だもの、ちょっとのミスはつきものだ!人間だもん間違いはあるよ」という観念が経営者にある場合、これは最悪の事態になります。従業員にも、経営者の緩い姿勢が風土となり、一気にミスが増える傾向になります。またオペレーションでは、ミス多発は従業員教育が出来ていない場合です。そもそもバイトに教えられない人(低能力者)が指導をしている等です。さらに、配送時商品のチェックが未熟な場合です。チェックする人が低能力の場合です。どれをとっても店側の問題ある風土(人)が原因です。それゆえ、この値は、経営者や店長が変わると一気に改善する場合があります。逆に人事異動によって、いきなり悪化するのも特徴的です。それほど、現場で働く人の、要は観念的な仕事力に関する問題であると考えられています。能力があるのに、問題を放置したり、問題を知りつつ改善できない店の経営者は、提供料理も衛生面で不潔であることが比例しております。事実、このような店は、衛生面はきわめて不適です。保健所の調査があれば、即時免許取り消しとなるような汚い調理場を有しています。大腸菌検査をすれば、洗った食器、洗った包丁からは夥しい大量の大腸菌数値が検出されます。そのような不潔で食中毒の危険もはらむ店をユーザーに利用させたくないのがUber AIの理念でもあるのでしょう。

顧客評価とは
店側の偽装客防止の為、1回に10件以上レビューをしてもらえた時にカウントされ、その時に5段階評価で導かれた値を導き検証されます。顧客は自らの体験を思い返し、美味しさや、包装が適切だったか、要望は満たされているか、食べた感覚は水っぽくないか、臭くないか、など細かく顧客の主観であるが、票を投じます。ユーザーはコメントも打ち込めます。2020年のシステム更新でレストラン側からコメントに返答ができるシステムになりました。それゆえ悪化した顧客関係を修復できる余地もあります。しかし、クレームや悪評が頻発群生すると真実とみなされ評価は低下します。しかもこの評価は90日間も残り、継続的に悪評がある限り改善しません。低評価脱出はほぼ出来ない値となります。ユーザーは低い評価の店は、かなりのユーザー傾向としてGoogleマップから口コミ投稿や店舗写真を調べます。低い評価の店は、Googleマップの店舗情報である、グーグルマイビジネスでも比例して悪評が投稿されています。Googleのアカウントは信用度が高く、他の口コミサイトは自演コメントが多く信用されていません。UberEatsユーザーはインターネットリテラシーが高く、必ず検索します。特に食後はしっかりチェックします。尚、評価が3.9以下はレストランのアカウント停止となる場合があります。4.0~4.3は最低レベルの評価であり、まず有り得ないほど問題がある店だと自らが表明している事になります。平均的な値は4.5~4.6となります。可もあるが不可もあるという状態です。尚、厳選バッジでは4.7以上が最低ラインであり、ほぼクレーム無しでバッド評価僅かの状態が4.7であります。4.8や4.9はかなり頑張っていると思われる領域です。5.0なら、それは、もはや神でしょう。


注文数とは
レストランが注文を受けた件数です。厳選バッジでは40件以上の値でクリアとなります。新型コロナ特需でデリバリー店は雨後の筍の如く増えました。しかし、地域の3キロ範囲で客数は増えない為、注文を得てそれが収益レベルと達するのは、かなり難しくなっております。そもそもユーザー客数は、都市計画上の用途地域の法的制限があり人口数は急激に増加はしません。限られたパイを奪い合う構図です。それゆえ、リピータ―化だけが成功するキーとなっています。ただし、新型コロナウィルスの施策でリモートワークがより定着すれば、住宅地では売り上げ増、都心商業地では売り上げ減となります。

参考資料/当店のコントロールパネルです。当店は厳選バッジを獲得しております。

 

UberEatsの厳選バッジ取得でレストランの地域戦略を提供する/   シナプスカスケード合名会社

©/2022/Synaptic cascade